1. TOP
  2. お礼状
  3. 災害見舞い
  4. 時候の挨拶と結びの言葉
  5. 7月
  6. 7月の【時候の挨拶】と【結びの言葉】【感謝の言葉】の文例

7月の【時候の挨拶】と【結びの言葉】【感謝の言葉】の文例

7月のお礼状に使える時候の挨拶と結びの言葉、感謝の言葉の文例を、ビジネス編とプライベート編に分けてご紹介します。

これらの時候の挨拶結びの言葉感謝の言葉を一つづつ選んで、お礼状に追加して使用してください。

なお、文中に感謝の言葉を添えると、より一層、感情がこもった文章になりますよ。

 

 

7月【時候の挨拶】に使える文例:ビジネス編

  • 盛夏の候、(【相手の名前】様/皆様)におかれましては、ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 猛暑の候、(【相手の名前】様/皆様)におかれましては、いよいよご隆盛のことと存じます。
  • 大暑の候、(【相手の名前】様/皆様)におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 極暑の候、(【相手の名前】様/皆様)におかれましては、いっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • 酷暑の候、(【相手の名前】様/皆様)におかれましては、ますますご壮健のこととお慶び申し上げます。
  • 小暑を過ぎ、夏本番を迎えました。(【相手の名前】様/皆様)におかれましては、暑さに負けずご活躍のことと拝察いたします。
  • 時下(ますます/いよいよ)(ご隆盛/ご繁栄/ ご盛栄/ご発展/ご隆昌/ご繁昌/ご盛大/ ご多祥/ご隆祥/ご清栄/ご清祥)のことと(お慶び/お喜び/拝察)申し上げます。

 

7月【結びの言葉】に使える文例:ビジネス編

  • 末筆ながら貴社の一層のご発展を心よりお祈りいたしております。
  • 恐れ入りますが、皆様にもよろしくご伝言のほどお願い申し上げます。
    略儀ながら書中にてお礼とさせていただきます。

  • 末筆ながら、今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
  • 末筆ながら、皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
  • 末筆ながら、今後とも変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。
  • 末筆ながら、お返事が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
  • 略儀ながら、書中にてご挨拶申し上げます。
  • 略儀ながら、書中をもちましてお礼を申し上げます。
  • 貴社のますますのご発展をお祈りいたしております。
  • まずは、書中にてお礼申し上げます。

  • 誠に勝手を言って申し訳ございませんが、どうか今後も変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。
  • 何卒引き続きご指導、ご厚情を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
  • 大変恐縮ではございますが、まず書中をもちましてお詫びをさせていただきます。
  • またのご来店を心からお待ち申しあげております。
  • 乱筆乱文のほど何卒ご容赦願い上げます。
  • 乱筆乱文にて失礼致しました。
  • 暑い日が続きますが、どうかご自愛ください。
  • お忙しい中、お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
  • 以上、お手数ながらご回答のほどよろしくお願いいたします。
  • 以上、取り急ぎご返事申し上げます。
  • まずは、ご案内まで。
  • まずは、承諾のご返事まで。
  • まずは、取り急ぎお願いまで。
  • まずは、ご挨拶かたがたご返事まで。
  • まずは、書中にて御礼申し上げます。

 

 

 

7月【時候の挨拶】に使える文例:プライベート編

  • 梅雨明けの待たれる今日この頃、【相手の名前】様はいかがお過ごしでしょうか。
  • 真っ白な入道雲と青空の美しいコントラストは、この時期ならではの楽しみのひとつですね。
  • 【相手の名前】様はいかがお過ごしでしょうか。

  • ここのところビール日和。お風呂上りの夜風が気持ちよく感じられます。
  • ひまわりの花が咲きはじめたようで、いよいよ夏本番です。
  • 空の青さが夏らしく輝きを増してきました。
  • 時下(ますます/いよいよ)(ご隆盛/ご繁栄/ ご盛栄/ご発展/ご隆昌/ご繁昌/ご盛大/ ご多祥/ご隆祥/ご清栄/ご清祥)のことと(お慶び/お喜び/拝察)申し上げます。

 

7月【結びの言葉】に使える文例:プライベート編

  • それでは、季節の変わり目ゆえ、風邪など引かぬようご留意ください。
  • まずは、書中にてお礼とごあいさつを申し上げます。

  • 未熟なわたくしですが、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
  • まずは、お手紙にてお礼のご挨拶とさせていただきます。
    このたびは、誠にありがとうございました。

  • これからも変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。
  • また、お目にかかれます日を心待ちにいたしております。

  • 末筆ながら、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。
  • 末筆ながら、ご家族皆様のご多幸をお祈りします。
  • 暑い日が続きますが、どうかご自愛ください。
  • 時節柄くれぐれもご自愛くださいませ。
  • ご自愛のほどお祈りいたしております。
  • またお会いできる日を楽しみにしております。
  • 今後ともよろしくお願いいたします。
  • 切にご自愛お祈り申し上げます。

 

【感謝の言葉】を添える場合の文例:共通

  • この度は一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。
  • この度は一方ならぬお力添えにあずかり、本当にありがとうございます。
  • いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。
  • いつも一方ならぬお力添えにあずかり、本当にありがとうございます。
  • いつもご指導いただき、誠にありがとうございます。
  • いつもご指導いただき、本当にありがとうございます。
  • いつも何かとお世話になり、誠にありがとうございます。
  • いつも何かとお世話になり、本当にありがとうございます。
  • 日頃は何かとお世話になり、誠にありがとうございます。
  • 日頃は何かとお世話になり、本当にありがとうございます。

 

今回は、7月のお礼状で使える、時候の挨拶と結びの言葉、感謝の言葉の文例を、ビジネス編とプライベート編に分けてご紹介しましたので、ぜひ参考にしてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

文例・例文の書式大全の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

文例・例文の書式大全の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 5月の【時候の挨拶】と【結びの言葉】【感謝の言葉】の文例

  • 【地震】災害見舞いのお礼状の文例|個人宛に送る場合

  • 12月の【時候の挨拶】と【結びの言葉】【感謝の言葉】の文例

  • 【地震】災害見舞いのお礼状の文例|取引先に送る場合

  • 【地震】災害見舞いのお礼状の文例|1月用

  • 【地震】災害見舞いのお礼状の文例|2月用